業務アプリケーションの構造を地図で可視化する新技術、富士通研究所が開発 – ITmedia


ITmedia

業務アプリケーションの構造を地図で可視化する新技術、富士通研究所が開発
ITmedia
企業の業務アプリケーションは長年に渡って機能拡張を繰り返しながら運用されるため、開発当初よりも大規模化、複雑化する。現状把握には人手と長い時間を要するという課題があった。富士通が提供するアプリケーション資産の分析サービスでは現状把握に3カ月程度を要する ...
富士通研究所、アプリケーション資産活用のためのソフトウェア地図の自動作成技術を開発日本経済新聞 (プレスリリース)
アプリケーション資産の活用: ソフトウェアを“街”で表現――富士通研究所がソフトウェアの機能構造を地図化する技術を開発@IT MONOist
富士通研、ソフト機能構造を分析して自動的に地図化する技術クラウド Watch

all 6 news articles »

コメントは受け付けていません。