料率上げ・給付減… 社員にしわ寄せの恐れも – 日本経済新聞


料率上げ・給付減… 社員にしわ寄せの恐れも
日本経済新聞
年金資産が消失すれば、まず母体企業がこれを補填する必要がある。それができなければ加入者の保険料率の引き上げや給付カットにつながりかねない。 厚年基金は約束した年金額を加入者に給付する仕組み。年金資産の消失や運用失敗など原因にかかわらず、積立金の不足分は ...

コメントは受け付けていません。