「野村」損害賠償支払い命令の陰にある 大学デリバティブ取引の「理解不足」 – J-CASTニュース


「野村」損害賠償支払い命令の陰にある 大学デリバティブ取引の「理解不足」
J-CASTニュース
当時、私立大学が通貨スワップなどのデリバティブ取引などによる資産運用で多額の損失を被るケースはめずらしくなかった。駒澤大学が07年11月にデリバティブ取引の失敗で154億円もの損失を計上、理事長が解任される事態に至ったのは記憶に新しい。
野村証券に2億5千万円賠償命令 金融取引の解約巡り日本経済新聞
デリバティブで賠償命令=野村証券に2億5000万円-大阪地裁時事通信

all 4 news articles »

コメントは受け付けていません。