野村証券に2億5千万円賠償命令 金融取引の解約巡り – 日本経済新聞


野村証券に2億5千万円賠償命令 金融取引の解約巡り
日本経済新聞
ただ賠償額算定では、「以前から為替変動リスクのある金融取引で多額の資産運用をしていた」として大学側に8割の過失を認め、損害額から差し引いた。 判決によると、大阪産業大は2007年、野村証券大阪支店の従業員からデリバティブ取引の勧誘を受け、08年に契約を締結。
デリバティブで賠償命令=野村証券に2億5000万円-大阪地裁時事通信

all 2 news articles »

コメントは受け付けていません。