新規投資より既存システムの見直しが必要–富士通、IT投資改革を訴える – builder


新規投資より既存システムの見直しが必要--富士通、IT投資改革を訴える
builder
そのままにしておけば、支出の5割以上を無駄なままで運用していることになる。膨大なアプリケーション資産が競争力をなくす源泉となっており、企業はそうした課題に正面から向き合っていく必要がある」とする。 富士通では、その解決に向けて3つのアプローチがあるとする ...
富士通が正面から取り組む「レガシーシステム」という怪物ASCII.jp

all 2 news articles »

コメントは受け付けていません。