歴代2社長で「負の遺産」=積極運用で損拡大―オリンパス – 朝日新聞


歴代2社長で「負の遺産」=積極運用で損拡大―オリンパス
朝日新聞
第三者委員会の報告書によると、下山氏は84年、社長に就任。85年の「プラザ合意」を契機とした円高で本業の利益が減少すると、それまでのリスクの低い株や国債による資産運用を方針転換し、金融商品による利益獲得を目指した。 運用は社長直轄の経理部内のグループ数 ...

and more »

コメントは受け付けていません。