県財団9500万円損失 外国債で運用 2億円元本割れ – 読売新聞


県財団9500万円損失 外国債で運用 2億円元本割れ
読売新聞
財団の内規は、資産運用について「元本の確実な回収」を定めている。 財団は県から受けた計15億円の出資金で基金を設立。国債などの運用益で、社会福祉施設の職員らの研修事業などを行っていた。 財団によると、2004~05年、好調だった金融市場に着目した元財団 ...
外国債券で2億円の元本割れ中国新聞

all 3 news articles »

コメントは受け付けていません。